引越の必勝法

引越す可能性があるうちは、普段からなるべく荷物を置かないよう身軽に生活することを心がける。

引越しを視野に入れて動き始めた時点で、いらないものをどんどん処分する。

引越し業者に支払う費用を安くあげるには、運送を依頼する荷物はなるべく少なくすること。

自分で運べる荷物は自分で運ぶことで、数千円は費用が浮かせられます。

リサイクルショップを賢く利用し、いらないものの処分や新たな家電の購入による余分な出費を抑えることも、多額の出費になりがちな引越しをうまく乗り切るコツです。

引っ越しはいらないものを捨てるチャンスです。

段ボールに荷物を詰める作業をしていると、押し入れやクローゼットの中から何年も使っていないものや、何年も着ていない洋服等がでてきます。

ここでそれらを思い切って捨てれば、詰めるものも少なくなるし、引っ越し先でも収納に余裕ができます。

ただし、いちいち吟味したり、思い出にひたっていると引っ越し作業が大幅に遅れてくるので、パッと見て直感で「まだ使う」「もう使わない」を判断することが大切です。

引越しのときに面倒なことの一つは、住所変更などの手続きが重なることではないでしょうか。

利用してみて便利だと感じたのは、「引越しれんらく帳サービス」です。

このサービスを利用すると、電話・水道・電気・ガスなどの住所変更を一度に行うことができます。

いちいちそれぞれのウェブサイトで、情報を入力しなくて済むので簡単です。

他にも銀行や保険など、利用できる会社であれば、あわせて手続きができるようです。

また、引越しの時に思うのは、荷物が多いこと。

しかも、似たようなものがたくさん見つかったりします。

やはり、普段から物を買う前によく考えることや、できる限り物を増やさないようにすることは、引越しの時の煩わしさを軽減させてくれると思います。

今回、妊娠、出産で家族が増える為に引っ越しをする事に。

部屋も増えれば、家具をどうするか悩みましたが…出産までに家具購入など時間も体調のこともあり、見学に行ったマンションのモデルルームを購入する事にしました。

家具もIKEAの商品でオシャレになってたし、傷や汚れもなく掃除や除菌すれば大丈夫だと。

やたら照明器具が多かったり、クッションとか要らない物はお友達にあげたりしました。

引っ越し前の新居に要らないだろうと思う家具は、大型ゴミに出したり業者さんに処分してもらったり。

業者さんとの打ち合わせで、確認して処分してくれないものだけ自分で処分する。

新しい家具の購入代金、宅配代金を考えるとモデルルームは家具を動かすこともほとんどない。

引っ越し作業で、場所の入れ替えなどもお手伝いしてくれましたし。

単身パックの相場などを参考にして、安い業者を探しましょう。

引っ越しするときには、早めの準備と早めの予約でお得な事がたくさんあると思います。

引っ越し業者さんに、頼む場合早めの予約で割引が受けられたり、粗品のプレゼントなどがあるので、ちょっと得した気持ちにさせてくれます。

早めの準備とは、引っ越し先で必ず必要になる、公共のもの(ガス、電気、水道)郵便物など、早めにしておくことで、後々が楽になるもので、引っ越しの準備も何かと手間が掛かるので、早くからボチボチでも準備を始めると引っ越し当日の移動がスムーズに行われて、時間短縮できます。

荷物類をまとめる時の基本は、台所用品、衣類、すぐ必要な物など、細かく分けた方が引っ越してからの片付けには、役に立つと思います。

せっかく新しい所に行くのですから、要らないものは思いきってすてる努力と気合いも必要ですね。

クロネコヤマト、日通、アート引っ越しセンター、引っ越しのサカイetc引っ越し業者は数多くあるけれど、実際はどこがいいの?を口コミから徹底調査!